どのウォーターサーバーレンタルすれば自分にとって最適なのか?がわかるサイトです!

ウォーターサーバー初心者のためのレンタル比較サイト > どこが比較のポイントになるの? > 費用ってどれくらい必要?

費用ってどれくらい必要?

ウォーターサーバーってなんだかぜいたく品のように感じている人が多いかもしれません。

しかし、現在かなりの勢いで自宅用のウォーターサーバーが普及していて、
近い将来、浄水器かウォーターサーバーかの、どちらかが一家に一台設置されている、
という状況がくることは間違いないでしょう。

しかし、浄水器は結局水道水なので、
除去しきれない有害物質がのこるなどの問題がありますから、
管理人的には、やっぱりウォーターサーバーがスタンダードになっていくのではないかと思っています。

実際、欧米ではすでにウォーターサーバーがかなり普及していて、
一般的になっているようです。

とはいってもお値段の方は気になりますよね?

ここでは大雑把な費用について説明していきたいと思います。

当然ですが、水代がかかります

ウォーターサーバーで水を飲むわけですから、
どんな業者でも水代は必ずかかってきます。

しかし、水の値段というのがまちまちで、
だいたい12リットルで1000円から2000円程度です。

もちろん水の質の差もあるでしょうが、
水の値段が高い業者は、たいていウォーターサーバーのレンタル代が、
無料となっているところが多いです。

ウォーターサーバーのレンタル料がかかります。

水の値段が安いところでは、ウォーターサーバーのレンタル料が、
毎月かかってくる場合が多いです。

レンタル料は無料のところから、月々1500円くらいまで、
これまたさまざまです。

中には機能的には全く同じだけど、
デザインがおしゃれなサーバーだと高くなる、
という業者も存在します。

メンテナンス料が必要な場合もあります。

さらに、中にはメンテナンス料が必要となってくる業者も存在します。

メンテナンス料がかかる場合、だいたい2000円から5000円くらいの間が多いです。

メンテナンス料がサーバーのレンタル料に含まれているという業者も存在しますし、
場合によっては、なんとメンテナンス自体不要な次世代型ウォーターサーバーも存在します。

このほかメンテナンスはお客から要望があったときのみ実施する、
という業者も存在します。

1年未満での解約は、解約手数料がかかる場合がある

基本的には水代、サーバーレンタル料、メンテナンス料の3つがメインのコストとなってきますが、
このほか1年未満で解約してしまった場合は解約手数料が発生する場合があります。

解約手数料は多くの業者で、だいたい5250円となるところが多いです。

上記コストを総合的に見て、安いところを選ぶ!

まあ、ウォーターサーバーは水ですから、体に入るものなので、
安ければいいというわけではありませんが、
コストの面では上記のような点を総合的に考えて、
安いところを選べばいいと思います。

自分のお財布事情と相談して、
払える額で無理なくレンタルするのがいいですね。